エステサロンの開業時や開業前にぜひ、お読み頂きたい「サロン開業準備や資金調達方法まとめ」

こんにちは、ブログ担当の藤川です。

 

弊社は、主に東京や横浜のエステサロンやビューティーサロン様に、

プロが仕上げた衛生的で清潔なレンタルタオルやバスマットなどのリネンサプライを常にお届けするサービスを通じて、

  • エステサロンの業務や経営の効率化
  • お客様に選ばれるサロン作り

のお手伝いをさせて頂いている会社です。

 

 

 

 

弊社にご相談をくださる方の中には、エステサロンやアロマサロン、トータルビューティーサロンなどを、これから開業される方や開業準備の方もいらっしゃいます。

 

これまで、数多くのエステサロンやビューティーサロンの開業支援や開業準備向けの記事を公開してまいりました。

 

そこで、今回は、エステサロンの開業時や開業前にぜひ、お読み頂きたい、

  • エステサロン開業時に必要な準備
  • エステサロン開業までの流れ
  • エステサロン開業時の資金調達
  • ワンランク上のエステサロン開業をするコツ

 

についての過去記事をまとめました。

 

 

■エステサロン開業準備の基本編

エステサロンやトータルビューティーサロンの開業にあたっては、決定すべき項目、準備すべき項目が沢山あります。

まずは、エステサロン開業に伴う決定&準備すべき全体像と、開業までの流れについて解説します。

 

 

 

1.エステサロンやアロマサロン、トータルビューティーサロンの新規開業時に必要な項目

「エステサロンを開業する!」

そう決めても、具体的になにからやればイメージが沸かないことも・・

 

<エステサロン開業にあたっては、準備すべき下記9つのこと>があります。

  1. 「サロン開業日を決める!」
  2. 「お店のコンセプトを決める!」
  3. 「どんなお客様に、どんなサービスを提供したいのか?」
  4. 「初期投資(設備&運転資金)を明確にし、資金計画や調達方法を考える」
  5. 「店舗物件探す!」
  6. 「内装の業者の選定と工事の発注する!」
  7. 「設備&機材準備、店内備品を調達する!」
  8. 「スタッフを採用する!」
  9. 「広告宣伝・販促する!」

 

そこで、本記事では、

<エステサロンを新規開業すると決めたらぜひイメージして欲しい、準備すべき事柄>

について、理解を深めていただけます。

 

記事《エステサロンの開業に必要なこと》を読む

エステサロンの開業に必要なこと

 

 

2.エステサロンやアロマサロンを開業するための準備と流れ

この記事では、<サロンオープンまでの流れにそって準備すべきことがら>をまとめていますので、サロンを始めるまでの流れを理解いただけます。

 

エステサロンやアロマサロンを開業するにあたり、準備が必要な大まかな全体像がイメージできたら、エステサロン開業準備開始に向けて必要な下記事柄について、少し具体的に考えて行きましょう。

  1. エステサロンやアロマサロンのコンセプトをきめましょう!
  2. 事業計画書を作成しましょう!
  3. 資金の準備や資金調達を行いましょう!
  4. サロン物件を探しましょう!
  5. 内装計画・内装業者の選定・内装工事
  6. 備品購入・商品を発注しましょう!
  7. 販促や告知の準備しましょう!
  8. スタッフを集めましょう!
  9. サロンのオープン!

 

記事《「開業をお考えの方必見」エステサロンの開業までの基本的な流れ》を読む

【開業をお考えの方必見】エステサロンの開業までの基本的な流れ

 

 

3.失敗しないためのエステサロン開業の種類と物件選びのヒント

<エステサロンの開業の形式>は、大きく下記4つの種類があります。

 

  1. 自宅でエステサロン開業
  2. マンションやアパートでのエステサロンの開業
  3. 賃貸物件(テナント)でのエステサロン開業
  4. レンタルサロンでエステサロン開業

 

ぞれぞれの特性を理解し、ご自身にあったサロン開業スタイルを決めましょう!

 

また、エステサロン開業にあたり重要なのが、<物件選び>です。

 

本記事では、<4種類のサロン開業スタイルの解説>と、<物件選びの基本>について解説しています。

 

記事《エステサロン開業をお考えの方必見! サロン開業の種類とサロン物件選びのヒント》を読む

エステサロン開業をお考えの方必見! サロン開業の種類とサロン物件選びのヒント

 

 

■エステサロン開業に伴う資金調達

エステサロン開業にあたっては、決定すべき開業スタイルがいくつかあります。
また、開業の仕方によって伴う開業費用は異なります。

 

こちらでは、エステサロン開業スタイルの説明と開業費用の目安、資金調達法を紹介しています。

 

 

4.エステサロン開業スタイルごとの必要な資金の目安と開業資金の調達方法

エステサロンを開業する場合、

  1. 自宅で開業する場合
  2. 場所を借りてサロン開業する場合

の大きく2つのパターンに分かれます。

 

開業の仕方によって、開業費用は大きく異なり、自己資金で賄えない場合は、
<資金調達>が可能か、検討する必要があります。

今回は、自分にあった開業スタイルを見つけたい方に、

  • 開業スタイルごとに必要となる資金の目安
  • 開業資金の調達方法

を解説しました。

 

記事《「エステサロンを開業したい方、必見!」サロン開業に必要な資金の目安と資金調達方法のまとめ》を読む

【エステサロンを開業したい方、必見!】サロン開業に必要な費用の目安と資金調達方法のまとめ

 

 

■エステサロン開業時に欠かせない備品

エステサロンの開業は、開業スタイルを決めて、物件をきめて終わりではありません。

ご自身が目指すサロンスタイルを表現する内装や備品の準備が必要です。

こちらでは、エステサロン開業時に欠かせない備品についての知識を深めていただく記事をご紹介します。

 

 

 

5.エステサロン開業時に揃えておきたい備品リスト

「エステサロンを開業したい!」

そう思っても、どんな備品が必要になるのか、具体的に
分からない方もいらっしゃると思います。

 

そこで今回は、開業に必要となる備品全体像をイメージして頂くために、

  • エステ機器や、施術用ベッドやいす、テーブルなどの大型備品
  • タオル・シーツ、消耗品を含めた小物
  • その他の備品リスト
  • 限られた開業予算の中で賢く備品を揃えるには

について、ご紹介します!

 

ぜひ、エステサロンやビューティーサロンの開業時の備品準備にお役立てください。

記事《エステサロン開業に必要な備品まとめ》へ

エステサロン開業に必要な備品まとめ

 

 

 

6.エステベッドやマッサージベッド選びに失敗しない為の、ベッドの種類と選び方のコツ

 

エステサロン開業にあたり、欠かせない備品の代表格が、エステベッドやマッサージベッドです。

 

一口に、エステベッドやマッサージベッドと言っても、沢山の種類があります。

エステベッドやマッサージベッド選びで失敗しないようにするためには、

  • ベッドのタイプ
  • ベッドのサイズ
  • リクライニング
  • 高さ
  • クッション性
  • 機能面

などを抑える必要があります。

 

そこで、今回は、エステベッドやマッサージベッド選びで失敗しないようにするために、

  • エステベッドやマッサージベッドの種類とチェックポイント
  • エステベッド選びで失敗しない5つのポイント

をご紹介します。

 

記事《エステベッドやマッサージベッド選びに失敗しない為のベッドの種類と選び方のポイントとは?》を読む

エステベッドやマッサージベッド選びで失敗しない為のベッドの種類と選ぶポイントとは?

 

 

 

7.プロが教える、おもてなしに欠かせないホットキャビ(タオルウォーマー)選びのポイント

お客様をおもてなす上で欠かせないものの一つに、おしぼりやタオルを温める

ホットキャビ(タオルウォーマー)があります。

 

タオルウォーマーで温めたお絞りを提供する事で顧客満足度を上げる事にも繋がったり、温めたフェイスタオルでオイルのふき取りも行え、お客様に気持ちよくお帰りいただけます。

 

サロンの施術で欠かせないホットキャビ(タオルウォーマー)にも沢山の種類があります。

そこで今回は、

  • ホットキャビ(タオルウォーマー)とは?
  • ホットキャビ(タオルウォーマー)タイプは?
  • ホットキャビ(タオルウォーマー)のサイズとおしぼり収納力の目安
  • ホットキャビ(タオルウォーマー)を選ぶ際のポイント

について解説しますので、ホットキャビについて知識を深めていただけます!

 

 

記事《エステサロンのおもてなしに欠かせない“ホットキャビ(タオルウォーマー)”選び方》を読む

エステサロンのおもてなしに欠かせない”ホットキャビ(タオルウォーマー)”の選び方

 

 

■ワンランク上のエステサロン開業を目指すコツ

 

エステサロンは、開業がゴールではありません。

 

開業後も、お客様に愛されるお店作りを行う必要があります。
そこで、<お客様の信頼を得ることができる、ワンランク上の開業を目指すコツ>をご紹介します。

 

 

 

8.エステティシャンに必要な資格とサロン開業までに取得したい資格

エステティシャンになるためには、資格や免許は必要ありません。

 

しかし、エステサロンを開業し、お客様の信頼を得て、「お客様に選ばれるサロン」を目指すには、

  • 高水準なエステ知識と技術を身につける
  • 身につけたエステ知識や技術、経験を客観的に証明する

ことで、お客さまの信頼を集めやすくなります。

 

エステティシャンになるためには、資格や免許は必要ありませんが、

  • 高水準なエステ知識と技術を身につける
  • 身につけたエステ知識や技術、経験を客観的に証明する

を実現する民間資格があります。

 

そこで、ぜひ、開業前に検討頂きたい、

<豊富なエステティック知識・技術・経験を証明する、さまざまな民間の資格や国際資格>

を、ご紹介します!

 

記事《エステティシャンに必要な資格とは? サロン開業までに取得したい資格まとめ》を読む

エステティシャンに必要な資格とは? サロン開業前に取得しておきたい資格まとめ

 

 

エステサロンやリラクゼーションサロン向けレンタルタオルプラン のご案内

施術で使用したタオルのエステオイルや汚れをきれいに落とし、臭いや黒ずみをタオルに発生させないように洗濯、乾燥させ、丁寧に畳んでお客様に提供し続ける作業を、毎日行うことは、とてつもない重労働です。

 

 

そこで、株式会社クリアでは、エステサロンで施術を受けるお客様に、
最高の時間を過ごしていただけるよう、プロが仕上げる衛生的な

  • ハンドタオル
  • フェイスタオル
  • バスタオル
  • 特大バスタオル
  • バスマット

のレンタルプランをご提案しています!

 

 

 

 

弊社のオフィシャルサイトのエステサロン向けレンタルタオルプランのご案内ページにて、レンタルタオル導入のメリットやサービスラインアップなどをご紹介しています!

 

興味をお持ちの方は、ぜひ、ご覧ください。

エステサロンやリラクゼーションサロン向けレンタルタオルプラン

選ばれるエステサロンになるお手伝い!

弊社オフィシャルサイトにて、エステサロン・アロマサロン様向けレンタルタオルプランの 特徴や導入メリット、タオル以外のサービスの詳しい情報をご覧いただけます。

またお悩みや興味をお持ちのエステサロン・アロマサロン様には、ご相談やお見積りのご依頼もいただけます。

■こんなケースでのご相談が増えています!■

自前でご用意したタオルの洗濯・乾燥の作業負担を解消したい!

・エステサロンを開業予定でレンタルタオル業者を探している!

・オイルが使えるレンタルタオルを探している!

・今使っているタオルの質が悪い!匂いが気になる!

 

オフィシャルサイトのエステサロン様向けレンタルプランの情報を見る

 

■お急ぎの方はお電話でお問い合わせください!■

TEL 045-438-9722 電話受付時間 9:00〜18:00(日除く)

株式会社クリア 〒245-0051 神奈川県横浜市戸塚区名瀬町2350-3